診療科のご案内 - 病院のご案内

診療科のご案内

診療内容

当院は病院の性格上、長めで大きな手術が多いのですが、例年2000件前後の症例に麻酔科が関わっています。

患者さんにとって低侵襲な内視鏡手術の割合も増加しています。10年前であれば内視鏡で行うことはあり得ないと思われた術式も、安全かつ高い精度で内視鏡で行えるようになりました。

一般的な内視鏡手術に加えて、3D画像を利用した(手術支援ロボットの)ダヴィンチによる手術も開始されています。2014年1月からはダヴィンチによる泌尿器科の前立腺全摘術、RALPが開始されました。その後、婦人科、消化器外科でもダヴィンチによる手術が開始されています。

当院の手術室には麻酔科用のエコーが3台あります。エコーガイド下の神経ブロックや、エコーガイド下の血管ルート確保(抹消ルート、Aライン、CV、PICC)に大いに活用しています。

その中でもエコーガイド下で上腕から挿入するPICC(peripherally inserted central venous catheter:末梢静脈留置型中心静脈カテーテル)ではエコーが大活躍しています。他科からのPICC挿入の依頼も多く、年間800例近く挿入しています。

化学療法や高カロリー輸液を行うときには、従来は鎖骨下静脈から中心静脈カテーテルを挿入する必要がありました。しかし、鎖骨下静脈へのカテーテル挿入は一定の頻度で合併症がおきる可能性がありました。

それに対してPICCは、合併症が少ない(気胸、血胸は皆無)、感染率が低い、閉塞が少なく長期留置症例が多い(最長15ヶ月)などの利点が多くあります。PICCは、エコー下での穿刺が必要で、ある程度の技術と経験を要します。しかし、一度挿入すると、トラブルがなければ長期留置が可能で、点滴のたびに針を刺さなくてすみ、患者さんからは好評です。

PICCに限らず、血管が体表からは見えない患者さんの点滴ルート確保(末梢血管確保)やAライン確保にもエコーが有用で、患者さんの苦痛の軽減と安全に役立っています。

▲このページのトップへ

医師紹介

土屋 健二
土屋 健二(つちや けんじ)

〔麻酔科医長〕

専門分野
手術麻酔一般
略歴・資格・所属学会 その他
日本麻酔学会専門医、標榜医
緩和ケア研修受講済
森下 健康
森下 健康(もりした けんこう)

〔麻酔科医長〕

専門分野
手術麻酔一般、集中治療
略歴・資格・所属学会 その他
日本麻酔科学会専門医、標榜医
日本心臓麻酔学会
緩和ケア研修受講済
川原 みゆき
川原 みゆき(かわはら みゆき)

〔麻酔科医師〕

専門分野
手術麻酔一般
略歴・資格・所属学会 その他
日本麻酔学会専門医、標榜医
緩和ケア研修受講済
上村 佐保子
上村 佐保子(かみむら さほこ)

〔麻酔科医師〕

専門分野
手術麻酔一般
略歴・資格・所属学会 その他
日本麻酔学会専門医、標榜医
緩和ケア研修受講済
本田 高史
本田 高史(ほんだ たかし)

〔麻酔科医師〕

専門分野
手術麻酔一般
略歴・資格・所属学会 その他
日本麻酔科学会
緩和ケア研修受講済
本田 奈緒
本田 奈緒(ほんだ なお)

〔麻酔科医師〕

専門分野
手術麻酔一般
略歴・資格・所属学会 その他
日本麻酔科学会
日本臨床麻酔学会
緩和ケア研修受講済
このページのトップへ