当院の歴史 - 病院のご案内

  1. HOME
  2. 病院のご案内
  3. 当院の歴史

当院の歴史

【北海道がんセンターの歴史】 北海道がんセンターの歴史 電子書籍 電子書籍版 / PDFファイル PDF版(586KB)

明治29年 札幌衛戌病院(その後札幌陸軍病院)として開院(月寒)
昭和20年12月 国立札幌病院(厚生省に移管)に改称
昭和27年 当地(菊水)に進出して市内診療所を開設
昭和32年 16診療科 450床 鉄筋の総合病院となる
昭和42年 道内初のリニアック導入
昭和43年 北海道の要請により北海道地方がんセンターを併設
がん病棟100床増築
昭和58年 第三次救急医療施設併設
昭和61年 現在の施設になる(昭和54年から7期にわたる更新築)
平成16年4月 独立行政法人移行に伴い「北海道がんセンター」となる
平成17年1月 地域がん診療拠点病院に指定
平成21年2月 都道府県がん診療連携拠点病院に指定
平成22年3月 救命救急センター部門が北海道医療センターに機能移転
平成24年4月 口腔外科を新設し、26診療科 460床の運用となる
平成24年10月 病院前駐車場の購入
このページのトップへ