院内がん登録について - 病院のご案内

  1. HOME
  2. 病院のご案内
  3. 院内がん登録について

院内がん登録について

 

院内がん登録とは

『院内がん登録』とは、病院で診断されたり、治療されたりした全ての患者さんについての情報を診療科問わず病院全体で集め、その病院のがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。(国立がんセンターホームページより)

*がん登録の情報については、その必要性から個人情報保護法の適応除外の事例に該当するとされており、患者さん本人の同意を得ずに登録が行われていますが、セキュリティーや情報漏洩がないよう十分配慮しながら活用されていますのでご安心ください。

▲このページのトップへ

院内がん登録の情報利用

  • 院内での診療実態の把握
  • 地域のがん対策利用→自治体が実施する地域がん登録に提供
  • 国のがん対策利用→国立がんセンターがん対策情報センターへ提出、全国統計として活用

▲このページのトップへ

院内がん登録室

がん診療連携拠点病院では「院内がん登録」を実施することになっています。当院では、都道府県がん診療連携拠点病院の認定に伴い、平成21年4月より院内がん登録室を設置いたしました。当院での登録作業は、主治医や診療に携わった医師の協力のもと、「院内がん登録標準登録様式」に則り専任の診療情報管理士が行っています。

収集された情報は各診療科への提供、国立がん研究センターでの全国集計、北海道地域がん登録などへ提供することにより、当院や国・北海道でのがん診療の実態の把握・がん診療の質の向上、がん患者さんへの支援などに役立てることができます。

また、登録情報をもとに予後調査(生存確認調査)を実施し、生存率の把握をすることもできます。予後調査について、院内で情報把握ができない場合は、住民票照会による生存確認調査を実施しています。

登録データに関わる個人情報の取扱いについては、独立行政法人国立病院機構の個人情報保護規程および当院の個人情報保護方針に基づき情報漏えいのないよう最大限の注意を払っております。

この事業での個人情報利用について、患者さまからの撤回・変更等の申し出がない限り、同意をいただかず利用させていただきますのでご了承ください。

院内がん登録についてご質問・ご意見等がございましたら、院内がん登録室にお申し出下さい。

皆様のご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

▲このページのトップへ

院内がん登録データ(2016年診断症例)

▲このページのトップへ

このページのトップへ